【ページエディタ】サブ(カテゴリー、商品)等のページにヘッダー・サイド・フッター用に共通iframeタグを自動作成機能

■本機能、また設定について

ページを分割して、選択された部分だけをHTMLファイルとして出力する機能です。

主な利用は、楽天市場やYahoo!ショッピングなどにおいて、EasyPageエディタで作成したトップページ内のヘッダー・サイド・フッター用タグなどを共通タグとして自動作成することができます。

以下のようなイメージです。

 

エディタTOP

ツール>iframe設定

 

 

iframe設定モードに切り替えます。

 

各パーツの出力先をご自由に設定・組み合わせることができます。

出力したいパーツを「〇〇〇〇に使う」に設定します。

「使わない」に選択されたパーツは、iframeタグとして出力されません。

最上部枠、及びパーツは「全体に使う」と設定します。

言い換えれば、この最上部枠部分しか「全体に使う」指定は行いません。

 

「ヘッダーに使う」に選択されたパーツは、ヘッダー(header.html)として出力されます。

「サイドに使う」に選択されたパーツは、サイドナビ(side.html)として出力されます。

「フッターに使う」に選択されたパーツは、フッター(footer.html)として出力されます。

「メインに使う」に選択されたパーツは、メイン(main.html)として出力されます。

 

■設定の違いについて

色(青、または緑)がついた枠の外側(下図赤い枠の部分)で設定すると、枠内の全パーツが一括設定されます。

個別(下図紫枠の部分)で設定する場合は、枠の外側を「使わない」と指定すると個別設定できます。

指定先が決まったら、アップロードして下さい。

この段階では、あくまで出力先を指定しただけですので、まだ共通設定は完了していません。

 

■iframeタグの入手

ページ管理>テンプレート管理(テンプレート管理についてはこちら

※この部分の機能はプラチナユーザー様専用機能です。

 

ページが「アップロード済」になると、「ページ適用」ボタンが表示されます。

反映に多少の時間を要しますが「ページ適用」をクリックし、トップページとして「Step2:サブページの設定」タブを開きます。

 

それぞれのタグをコピーし、対象モール側の該当箇所に貼り付けて共通化します。
まずは、出力指定先の反映を待ってiframeサイズ確認を行います。

ボタンについて

「タグをコピーする」はタグをコピーすることができます。

iframeサイズ確認」は「iframe設定」モードで設定された出力先指定を確認のうえ、最適な高さにてサイズを自動取得します。

「確認する」はもとページの内容およびURLを取得することができます。

iframeサイズ確認についてはこちらをご参照下さい。

 

 

■エディタの基本操作方法はこちら

■新規テンプレートについてはこちら

■テンプレート管理についてはこちら

 

■その他、役立つ機能のご紹介

・パーツの一時的表示・非表示設定方法についてはこちら

・一括置換えツール「CodeTool」についてはこちら

・SEO対策に役立つ、メタタグの設定についてはこちら

・楽天市場店舗の方は必見!アクセス統計するために必要なことについてはこちら