【ページエディタ】パーツを一時的に表示・非表示にする機能「パーツ非表示設定」について

■パーツ非表示設定について

長期休暇やイベントなどを一時的に表示、または非表示にさせたいパーツがある場合に設定する機能です。

 

■設定方法

エディタTOP>ツール>パーツ非表示設定

 

それぞれのパーツの右上に「表示」または「非表示」の選択ボックスがあります。

デフォルト上は「表示」と設定されています。

※一番上にある「Row」(緑枠の部分)は空白に見えますが、全体のスタイル設定されているため、必ず「表示」にしてください。

 

■事例紹介

長期休暇のお知らせを告知するとします。

 

1.告知バナーを作成します。

 

2.バナーをエディタに追加します。

 

3.追加したバナーを表示させたい場所にドラッグします。

 

4.リンクを設定する必要がある場合は、画像を1クリックして、リンク設定をします。

 

5.ページを更新して完成です。

「アップロード」ボタンをクリックします。

 

6.休暇期間終了後、「パーツ非表示設定」を利用して、バナーを非表示にします。

再度、使用したい時は「表示」に切り替えるだけで、設定完了です。

ぜひ、ご活用下さい。

 

■その他、役立つ機能のご紹介

・エディタ基本操作についてはこちら

・一括置換えツール「CodeTool」についてはこちら

・SEO対策に役立つ、メタタグの設定についてはこちら

・共通ヘッダー・サイド・フッター用のiframeタグの設定方法についてはこちら

・楽天市場店舗の方は必見!

アクセス統計するために必要なことについてはこちら