「2018.12.19」本日のご質問まとめ

ご質問1:

 

御社サイトを読み込んでいくと

スマホカテゴリページを楽天GOLDで作成したページにする方法

というページがあったのですが
スマホカテゴリーページ、商品ページ説明文で
使用できるのは
新規テンプレートのどの部分になりますか?
何個か組み合わせをしたりする方法はありますか?
回遊性を上げたいので
PCの共通説明文には御社サイトの回遊性を上げるのページを
参考に作ることができました。
スマホの回遊性を上げる方法があったら
どのように作ればよいか教えてください。
 
ご返答:

 

上記の件については、スマホにおいても、考え方は同じです。

楽天はカスタマイズによって、タグを設置することができますが、ヤフーは設置することができません

※楽天以外、他のモールできない場合は多いです。

楽天の場合は、概ね下記の箇所に必要なタグを設置することです。

■スマホのカテゴリページ・商品ページの共通説明部分に設置する方法

ここに設置される場合は、商品ページ・カテゴリページそれぞれに共通の内容は表示されます。

楽天RMS>店舗設定>デザイン設定>スマートフォンデザイン設定商品・カテゴリページ共通

・楽天スマホ商品ページ(何か共通のコンテンツを表示)に:

商品ページ設定>商品ページ共通パーツ設定>商品ページ共通説明文欄にタグを貼り付けます・

※「商品ページ共通説明文表示」を「表示する」に選択する必要があります。

・楽天カテゴリページ(何か共通のコンテンツを表示)

カテゴリページ設定>カテゴリページ共通パーツ設定>カテゴリページ共通説明文欄

※「カテゴリページ共通説明文表示」を「表示する」に選択する必要があります。

■カテゴリ編集のスマホ用説明文枠を利用する方法

楽天RMS>カテゴリページ設定

 

各カテゴリの「カテゴリページ編集」

「スマートフォン用カテゴリ説明文」欄のタグを貼り付けます。

※PC(パソコン)の場合は、「カテゴリ説明文上」「カテゴリ説明文下」をご活用ください。

 

 

それぞれ設置の内容によって、カスタマイズ方法は異なるため、実現したいデザインに合わせてページ(コンテンツ)をご用意ください。

※タグの作成やページ作成することが難しい場合は、弊社までお問い合わせください。

 
ご質問2:

 

楽天市場のページアクセス数はどうやって確認できますか?
 
ご返答:

 

楽天RMSにログイン>データ分析>3.アクセス分析」にアクセスします。

 

店舗全体アクセス数」よりご確認いただけます。

※その他、「検索キーワード」「カテゴリページ・分類ページランキング」「参照元サイト」「商品ページランキング」「ページアクセス推移」等をご確認することができます。

※Google、Yahoo!等検索エンジンからのアクセスを確認する際に、「参照元サイト」より、ご確認ください。