【マニュアル】タグエディタ (旧商品詳細編集)商品詳細ページの作成について

タグエディタとは

タグエディタは「旧商品詳細編集(beta)」の新バージョンです。

編集機能はほぼ同じで、楽天以外にも対応します。モールやCMS(ワードプレス)等のHTMLで記述する必要なところでご利用いただけます。

また、テンプレートの保存はできるようになります。

楽天の場合:

楽天RMSの下記箇所を作成することができます。
作成後、タグを該当箇所に貼り付けてご利用ください。

PC編集
PC用商品説明文
PC用販売説明文
カテゴリ説明文上
カテゴリ説明文下
トップ説明文上
トップ説明文下
決済方法の備考欄(PC)
配送方法の備考欄
送料設定の備考欄
スマホ編集
スマートフォン用トップ説明文
スマートフォン用商品ページ共通説明文
スマートフォン用カテゴリページ共通説明文
スマートフォン用商品説明文
スマートフォン用カテゴリ説明文

 

 

■ご利用方法

EasyPageにログインし、「タグエディタ」をクリックします。

 

①新規テンプレート:新規作成します。

②テンプレート管理:保存されたテンプレートを管理します。

 

(1)新規テンプレート:

ショップ、テンプレート名および種類を設定し、次へをクリックすると編集画面にアクセスできます。

 

(2)テンプレート管理:

①ショップをソートし、テンプレート名で検索します。

②どのショップのテンプレートを確認できます。

③テンプレート名を確認できます。

④内容の種類を確認できます。(PCまたはスマホ)

⑤作成日時

⑥更新日時

⑦操作ボタン

⑧プレビュー

⑨該当テンプレートの編集ができます。

⑩該当テンプレートをコピーします。

⑪該当テンプレートを削除します。

⑫復元履歴を確認・復元できます。

 

 

■編集画面の説明および操作方法

 

 

(1)ナビゲーション

商品詳細エディタ画面が開いたら、編集中の商品管理番号を確認します。

①編集中のテンプレート名を確認できます。

②言語の切り替えができます。

③マニュアル:このマニュアルを見ることができます。

④フィードバック:操作に関する不具合等を弊社宛に送信できます。

⑤テンプレート管理のページへ戻ります。

 

 

 

(2)タグ作成

①PC編集、もしくはスマホ編集になります。

②APIによる商品情報を取得することができます。(楽天のみ、CSVサービスを申込する必要があります

③該当商品のPC用商品説明文を取得します。

④該当商品のPC用販売説明文を取得します。

⑤該当商品のスマートフォン用商品説明文を取得します。

⑥商品URL:編集する商品のURLを入力します。

商品URLの確認方法: 編集する商品ページを開きます →ブラウザのアドレス欄に表示されているURLを確認します 。

例: https://item.rakuten.co.jp/ショップコード/○○○○ 上記のURLの「○○○○」の部分のみを入力してください。

⑦上記設定された情報を取得します。

⑧キャンセルします。
 

 

<RMSのタグ貼り付け画面>

①④PC用商品説明文:このページで編集したタグをRMSの①の枠にタグを貼り付けると、パソコンの商品ページで画面上部または下部に表示されます。

②④PC用販売説明文:このページで編集したタグをRMSの②の枠にタグを貼り付けると、パソコンの商品ページに表示する商品自体の説明として表示されます。

③スマートフォン用商品説明文:このページで編集したタグをRMSの③枠にタグを貼り付けると、スマートフォンの商品ページに表示する商品自体の説明文として表示されます。

 

 

<RMSの商品ページテンプレート>

RMSにログインし、以下の方法で確認できます。

「商品個別更新」ページの下部「レイアウトのテンプレートを設定する」をクリックします。

 

「商品ページテンプレート設定」>「商品ページテンプレート情報」>「商品レイアウトの設定」で確認します。

 

「テンプレート種類」をクリックすると、テンプレートパターンが確認できます。

商品レイアウト設定を変更していない場合は、「テンプレートA」でPCの設定です。また、スマートフォンのレイアウトは変更できません。

 

 

 

 

(3)パーツ追加・編集方法

商品詳細ページを編集します。

 

①テキスト:見出しから文章までのテキストパーツです。右側に表示されるテキストをクリックして、編集画面でテキストの編集をします。

1-1ドラッグ:パーツが複数ある場合に位置を変更することができます。

1-2ソース:パーツのソースを確認し、直接編集することができます。

1-3コピー:パーツのコピーができます。

1-4削除:パーツを削除します。

②パーツ:デザイン見出しパーツです。右側に表示されるデザイン見出しをクリックして、編集画面でテキストの編集をします。

③画像:画像を登録して配置します。

楽天のみ 右側にRキャビネットの内容が表示され、階層に応じて下部に画像が表示されますので、選択してクリックします。

※1ファイルあたり2MBまで、横1600px×縦1200px。
※登録可能な形式:JPEG、GIF、アニメーションGIF(Rキャビネットの制限のため)

 

④複数画像:複数画像を配置するときに使います。右側に表示される画像パーツをクリックして編集します。

 

4-1:Rキャビネットの画像を使用する場合にクリックします。

4-2:使用する画像の「差替」をクリックすると画像が差し替えられます。

 

 

4-3:画像URLで画像を検索する際に、クリックします。

4-4:RキャビネットまたはGOLDの画像URLを入力します。

4-5:「差替」をクリックすると、画像が差し替えられます。

 

⑤画像・文字:商品紹介のように、画像とテキストパーツを一緒にレイアウトしたい時に使います。右側に表示される画像パーツをクリックして、編集画面で画像を差し替えます。

⑥テーブル:商品スペックなどテーブルタグを使用したレイアウトをしたい時に使います。右側に表示されるテーブルをクリックして、編集画面でテキストの編集をします。

⑦関連商品:楽天に登録している商品を掲載することができます。右側に表示されるパーツをクリックします。

7-1:楽天商品管理番号(商品URL)欄に楽天商品管理番号(商品URL)をカンマ区切りで入力します。

7-2:商品情報取得ボタンをクリックして、下に表示された商品を確認します。

7-3:商品追加ボタンで、手動による商品の追加が可能です。この場合は商品管理番号の入力は不要です。

7-4:表示が不要な商品は、商品削除ボタンで削除が可能です。

7-5:編集が終わったらOKボタンをクリックします。

 

7-6:取得したい商品のキーワードを入力します。キーワードは、商品名から取得されます。PCのキャッチコピーからは取得されません。

7-7:取得したい商品の件数を入力します。最大50件まで取得できます。

7-8:商品情報取得ボタンをクリックして、下に表示された商品を確認します。

7-9:商品追加ボタンで、キーワードに関係なく、手動による商品の追加が可能です。

7-10:表示が不要な商品は、商品削除ボタンで削除が可能です。

7-11:編集が終わったらOKボタンをクリックします。

⑧その他:リンク一覧、改行タグ、ボタンパーツです。右側に表示されるテキストをクリックして、編集画面でテキストの編集をします。

 

 

 

(4)編集機能

編集内容を確認し、RMSへ貼付け用のタグをコピーします。

①置換:編集内容の同じ文字列を一括置換します。

②プレビュー:編集した内容をプレビュー画面で確認します。

③タグ読込:クリックしてタグを読み込むと、編集画面が表示されます。

④URL読込:クリックしてURLを読み込むと、編集画面が表示されます。

 

⑤貼付け用タグをコピー:クリックして、文字数と画像枚数が貼付先の制限内であることを確認し、RMSへ貼付け用のタグをコピーすることができます。文字数と画像枚数を変更する際は、「戻る」ボタンで編集画面に戻ることができます。

⑥編集を削除する:編集したページを削除します。削除が必要な場合のみ使用します。

⑦保存:現在の内容を保存します。